Peaceful Body School Kobe

 

 

Info

ブログのメール配信をしています。

ブログ更新

2019/11/12 「結果は…」

研究会「療礎研」がPBSKから独立しました。

​新しいサイトはこちら

ピースフルボディ・スクール神戸について

ピースフルボディ・スクール神戸は、アレクサンダー・テクニークのオフィシャルな国際団体Alexander Technique Internationalより理学療法士の中で日本初のアレクサンダー・テクニーク教師として国際認定された大橋森(おおはししん)がプロデュースするからだとこころの学び場です。

アレクサンダー・テクニーク(アレクサンダーテクニック)」は一世紀以上継承されている心身のサポートをするための教育法です。ロンドンの舞台シーン出身のF.M.アレクサンダーが、自己の発声のトラブルを解決した際のアイデアを用いて人に指導していくうちに確立されました。

ピースフルボディ」はアメリカのアレクサンダー・テクニーク界の重鎮ブルース・ファートマンが創始した、アレクサンダー・テクニーク教師の経験を土台にした新しい形のMovement Education(動きの学び)です。ブルース・ファートマンはピースフルボディ・スクール神戸の監修をしています。

 

 

ファートマン氏はF.M.アレクサンダーより「理解しているから他人に教えてもよい」という許可を受けた初めての人物マージョリィ・バーストゥの高弟で、アメリカ・ヨーロッパ・アジアでカリスマ的な人気のあるアレクサンダー教師です。現在著作に「Where this path begins?」と「Teaching by Hand, Learning by Heart」があり、後者の新著は英語圏では話題のアレクサンダー・テクニーク関係の本として注目されています。

​故マージョリィ・バーストゥは実際の課題に取り組む形式の「アクティビティ・レッスン」を始めた、アレクサンダー・テクニーク界における重要な人物です。そのスタイルはアレクサンダー・テクニークが理論的なものとしてではなく、実践的なものとして100年以上伝え続けられる要因になっています。ピースフルボディ・スクール神戸主宰の大橋森はこのバーストゥの系譜につながるバーストゥ派にあたります。

アクティビティ・レッスンは自分の課題に取り組むための最もシンプルかつ最善の取り組み方です。チェロの演奏改善向上を望むならレッスンにチェロを持ち込んで行います。そのレッスンの内容はいままでの楽器の先生によるレッスンの妨げになることはありません。なぜなら、アレクサンダー教師は楽器をどう弾くかに介入するのではなく、どう自分を扱うかについて介入するからです。アクティビティ・レッスンと楽器のレッスンは同時に行うことで相乗効果を生みます。他のパフォーマンス、ダンススポーツについても同様です。

大橋森は学生の頃はチェロを学ぶためにドイツへ赴いたところでアレクサンダー・テクニークに出会いました。そのインパクトのある体験から、より理解したいと日本語で学び続けるために帰国し、京都のアレクサンダー・テクニークの教師養成校「アレクサンダー・アライアンス」に入学しました。2003年より9年に渡りトレーニングを受け教師資格を取得、後に国際認定団体ATIより認定されています。

Peaceful Body School Kobe

兵庫県神戸市東灘区田中町

080-4134-9888

Mail: pbs7kobe@gmail.com

We work with executives from:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

​© 2023 by Susan Green Coaching.

Proudly created with Wix.com