Director

大橋 森(おおはし しん)

岐阜県岐阜市出身、神戸在住のアレクサンダー・テクニーク教師。​理学療法士、産業カウンセラーでもある。アレクサンダー・テクニーク・インターナショナルより国際認定されている。

〜略歴〜

 

2001年ドイツでチェロの勉強の一環としてアレクサンダー・テクニークを学び始める。

 

2003年より9年間アレクサンダー・テクニークのトレーニング機関アレクサンダーアライアンスに在籍、同コースを修了し2012年教師資格取得。同コースで鄭子太極拳をブルース・ファートマンに師事。2010年理学療法士国家資格取得。大阪厚生年金病院(現JCHO大阪病院)勤務を経て2012年より神戸の市橋クリニックでリハビリ業務に就く。

 

2013年より神戸市中央区元町にピースフルボディ・スクール神戸を開設(2017年より東灘区内に移転)、太極拳の指導を開始。同年より武術を世界伝統武術大会楊式太極拳1位、北京大会42式太極剣1位・総合太極拳3位等受賞の荒井清吾に師事。

 

2015年日本臨床整形外科学会下関大会で「芸術分野の身体学習法アレクサンダーテクニックの臨床応用」を発表。医学会で社会的ストレスに対する心身マネジメントの方法としてアレクサンダー・テクニークの導入を提唱。

2016年日本臨床整形学会札幌大会で「先天性脊椎分離すべり症後遺障害にアレクサンダーテクニックを用いた例」を発表。

 

2017年より神戸東灘区にて太極拳と練気を組み合わせた養生教室を開始。セラピストの研究会「療礎研」を本山に設立。

2017年日本臨床整形学会東京大会で「うつ病を併発した腰痛患者に対し身体教育法アレクサンダーテクニックを用いた例」「咬合関連症候群に対する心身への効果判定」を発表。

2018年1月日本産業カウンセラー協会(JAICO)にて産業カウンセラーの資格を取得。

 

2018年2月「療礎研」を尼崎に分立。

2018年Alexander Technique International(ATI)より国際認定される。

2018年11月ATI国際大会にて「Evidence for Alexander Technique」を発表。

2018年12月日中友好条約締結20年武術の祭典「以武友会」で団体演舞に参加。

2019年6月第13回国際リハビリテーション医学世界会議にて「Clinical Introduction Of Alexander Technique In The Field Of Movement Education In The Arts」を発表。

2019年6月第56会日本リハビリテーション医学会学術集会にて「難治性腰痛の患者に対しアレクサンダーテクニックを用いてQOLが向上した例」を発表。

​2019年10月より「セラピストのためのモード法」トレーニングを開講。

2019年11月第一回大阪国際武術太極拳交流大会にて団体種目で銅メダル。

 

​監修 ブルース・ファートマン

国際的なトレーニング機関「アレクサンダー・アライアンス」の総括ディレクター。

幼少より器械体操を学び10代でオリンピック候補にまで選定された。テンプル大学にて哲学を専攻、体操選手からモダンダンサーに転向し、セルフユースの学習として太極拳とアレクサンダー・テクニークを学び始めた。​マージョリー・バーストゥの元で16年学びながらアレクサンダー・テクニークの学校として「アレクサンダー・ファウンデーション」を設立、後に国際的トレーニング機関「アレクサンダー・アライアンス」の校長としてアメリカ、ドイツ、日本を中心に指導に当たる。現在ニューメキシコと大阪に交互に在住し世界中に指導に出かけている。

著作:

「Where This Path Begins?」

「Teaching By Hand, Learning By Heart」

We work with executives from:

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-googleplus

​© 2023 by Susan Green Coaching.

Proudly created with Wix.com